小1の夫の足の速くなる形状!持久走で1程になるには

身長をたっぷり伸ばした後に、歩きを速くして運動会で大活躍したい
今まで、身長が引け目で、運動会で活躍できなかった小学校のパパは
そんなに思うわずです。

重要なことは歩きを思う存分つりあげる案件
ももあげはいかなくてもすり足のように地面をすってしまってはスピードアップがつきません。

 

次に重要なのはあたりにゲンコツを切り回す案件
ゲンコツも重要ですが、胸を変位にとっくり切り回す結果、ゲンコツがスムーズに動きます

 

 

ここで注意するポイントがあります
それは歩きを前に伸ばしすぎてしまうことはだめです
めったに歩きを延ばしすぎるといった、地面をかしこくけることができずに、足つきをアップさせることができません。

 

また、人体に力をいれすぎるのは良くありません。
人体に人気が入りすぎるといった、スムーズに体を動かすことができなくなります
また、力が入る過ぎると余計にスタミナを使いすぎてしまって結果的に遅くなってしまいます。

 

歩きに力を些かづつ入れて行くのは、第一歩ってスピードアップがそこそこついてからでよいでしょう

 

スタートの全速力はあまりに歩きの人気が要ります
きちんと歩きで地面を蹴るように!

 

そこから力を抜いて足つきを伸ばして、スピードアップがついた後にちゃんと地面を蹴るように
始めるのが最適です。

 

わが子もこちらのファクターを意識してから運動会の徒競走も1レベルになれるようになりました。

TOPへ